IMG_0306
アメリカ大統領選挙が終わりました。
民主党バイデン氏が勝利しました。
(11月15日現在)

アメリカ第一主義から国際協調重視へ
世界はどう変化していくのでしょうか。

欧州はこぞって歓迎しています。
中国、ロシアは沈黙のままです。
(中国は11/15祝電を打つ)

イスラエル・サウジアラビア・イランの問題、
国際協調とどう結び付けていくのか。

とりわけ日本に関係する大きな問題は二つです。
1.米中覇権競争(戦争)
2.日米関係

バイデン氏はご存じのとおり
2009~2017年オバマ大統領の副大統領だった人です。
そして「親中」「反日」で知られた人です。

この人が大統領になったとなると・・・


1.米中覇権競争(戦争)

その前に「親中」と言われる所以。

バイデン氏二男の会社、
中国銀行から15億ドル出資をうける。

2013.12バイデン氏中国訪問の際
中国が東シナ海に
防空識別圏(ADIZ)を設ける
と発表に際し

習主席との会談で
当初は「絶対に認められない」
から「深い懸念」
に変わった。

日本の期待を裏切りました。


米中覇権競争の発端は
2015年3月のAIIB事件です。

中国主導のAIIBに
日本を除く親米国家、
英、仏、独、伊、スイス、
オーストラリア、イスラエル、韓国等
が入りました。

アメリカは初めて自国の衰退と
中国が派遣国家を狙っている
ことを知りました。

その時アメリカ大統領オバマ氏、
副大統領がバイデン氏です。

それ以降米中関係は悪化のまま
今に続いています。

民主党も
「香港問題」「ウイグル問題」
から発する「中国制裁」を
支持しています。

「親中」のバイデン氏も
これを覆すことは
できないと思います。

「米中覇権競争」は
バイデン氏の政権下でも続くと思います。


2.日米関係

バイデン氏「反日」の言動。

2013年
安倍総理に対し
靖国神社参拝をやめるよう言っていた
のに同年12月参拝した。

バイデン氏は激怒する。

2016年8月15日
「日本国憲法を私たちが書いた」
と発言しています。

アメリカの政治家で
このことを公言した人は
それまでいません。


アメリカは
「中国覇権競争」に勝つ
ためには「中国以外の大国」を
中国に対し
味方ないし賛同させないことが
重要です。

「中国以外の大国」とは
日本、欧州、インド、ロシアです。

だから日本が嫌い
であったとしても
日本を味方につけねばなりません。

ベテラン政治家バイデン氏です。
十分に分かっているはずです。

日米関係は良好に続くと思います。

ただアメリカを裏切るようなことがない
ことが前提です。

中国に近づき過ぎないこと、
注意が必要です。


現状は二つの問題は大きな変化なく
継続していくと考えます。

世界は動いています。
戦争や制裁は今も起きています。

外交問題では
特に中国とアメリカの動き
に注目すると共に

国内の親中派の動きに注意
しなければなりません。